運動疫学研究
Online ISSN : 2434-2017
Print ISSN : 1347-5827
資料
世界各国における座位行動指針の策定動向
柴田 愛石井 香織安永 明智宮脇 梨奈小﨑 恵生クサリ ジャヴァッド岡 浩一朗
著者情報
ジャーナル フリー

2023 年 25 巻 1 号 p. 74-82

詳細
抄録

目的:本研究は,世界各国で策定された座位行動指針について概観し,その内容や特徴,策定背景を整理し,日本の成人(高齢者を含む)および子ども・青少年を対象にした座位行動指針策定に向けた基礎資料を得ることを目的とした。

方法:概観した座位行動指針は,身体活動・座位行動研究が格段に進展しており,十分な研究成果に基づいて指針が策定されているオーストラリア,アメリカ,イギリス,カナダ,WHOの5つの国・機関とした。

結果:成人に対する座位行動指針として,「長時間にわたる座位行動をできるだけ少なくすること」や「できるだけ頻繁に座位行動を中断すること」といった内容が,文章表現はわずかに異なるものの,すべての国・機関において共通して言及されていた。一方,子ども・青少年のための座位行動指針では,2 時間までにすること」や「長時間の座りっぱなしを中断すること」に注目した内容が示されていた。

結論:日本の成人および子ども・青少年に対する座位行動指針を策定する際には,座位行動が種々の健康アウトカムに及ぼす影響について,諸外国および日本における研究の動向を整理し,それらの成果を踏まえた上で,日本の成人に対する座位行動指針策定の際に閾値の設定を行うかどうか十分に議論することが重要である。

著者関連情報
© 2023 日本運動疫学会
前の記事 次の記事
feedback
Top