環境経済・政策研究
Online ISSN : 2188-2495
Print ISSN : 1882-3742
ISSN-L : 1882-3742
研究展望
新しい富の指標計測
―持続可能性計測研究の過去と未来―
山口 臨太郎大久保 和宣佐藤 真行篭橋 一輝馬奈木 俊介
著者情報
ジャーナル フリー

2016 年 9 巻 1 号 p. 14-27

詳細
抄録

自然資本を含めた包括的な富が減らないことが持続可能性の必要条件であることが理論的に明らかにされたことを受け,近年,それを実際に計測した「新国富」が持続可能性指標として注目されている.本稿では,これまでの政策・理論・実証研究上の背景をレビューし,一例として水を自然資本に組み入れる際の課題を検討する.今後の研究課題として,世代内衡平性,人口減少の影響,集計の空間的範囲,シャドー価格の推計などを指摘する.

著者関連情報
© 2016 環境経済・政策学会
前の記事 次の記事
feedback
Top