理学療法学
Online ISSN : 2189-602X
Print ISSN : 0289-3770
短報
学生が満足する実習指導因子の検討
関 裕也松本 直人隆島 研吾関 貴子
著者情報
ジャーナル フリー

2006 年 33 巻 6 号 p. 334-337

詳細
抄録

本研究の目的は「学生が満足する実習指導因子」を明らかにすることである。理学療法学科夜間部の学生を対象に,実習指導に関するアンケート調査を実施した。調査内容は「実習指導への満足度」と,満足度との関連が予測される実習指導要素13項目である。分析手法は,まず13項目の実習指導要素について因子分析を実施し,それにより抽出された因子と「実習指導への満足度」との相関係数を構造方程式モデリングにより求めた。分析の結果,「肯定的・支持的指導」と「積極的・成長促進的指導」の2因子が抽出された。「実習指導への満足度」と各因子はいずれも高い正の相関関係にあった。また両因子間にも正の相関が認められた。これより「学生が満足する実習指導因子」には上記2因子があり,かつ両因子を兼ね備えることで,より満足度の高い実習指導につながることが明らかとなった。

著者関連情報
© 2006 公益社団法人 日本理学療法士協会
前の記事 次の記事
feedback
Top