理学療法学
Online ISSN : 2189-602X
Print ISSN : 0289-3770
平成20年度研究助成報告書
神経筋電気刺激が糖代謝に及ぼす影響
―骨格筋電気刺激後の血糖値上昇抑制効果の検討―
中尾 聡志上野 将之野村 卓生池田 幸雄末廣 正公文 義雄杉浦 哲郎
著者情報
ジャーナル フリー

2010 年 37 巻 2 号 p. 116-117

詳細
抄録

本研究の目的は,有酸素運動が実施困難な糖尿病患者に対し実施可能,かつ糖代謝改善に有効な理学療法(物理療法)を検討することであり,その基礎的研究として,健常成人の安静時・神経筋電気刺激後の血糖値およびインスリン値を比較検討することである。対象は健常成人20名とした。方法は連続した2日間にて安静時・神経筋電気刺激時の2条件において75gのブドウ糖を経口摂取し糖負荷後0分・30分・60分・90分・120分時の血糖値・インスリン値を測定した。結果より神経筋電気刺激群は糖負荷後30分時の血糖値・60分時のインスリン値が安静群と比較し有意に低下しており,神経筋電気刺激による血糖上昇抑制効果が認められた。本研究結果より健常人において神経筋電気刺激により血糖上昇抑制効果が期待できることが示された。今後,糖尿病患者において有効性を検討する必要がある。

著者関連情報
© 2010 公益社団法人 日本理学療法士協会
前の記事 次の記事
feedback
Top