理学療法学
Online ISSN : 2189-602X
Print ISSN : 0289-3770
研究論文(原著)
脳内出血患者における急性期病院退院時の機能予後とその要因
久保 宏紀金居 督之北村 友花古市 あさみ山本 実穂小林 実希野添 匡史間瀬 教史島田 真一
著者情報
ジャーナル フリー

2016 年 43 巻 3 号 p. 222-229

詳細
抄録

【目的】脳内出血患者における急性期病院退院時の機能予後およびその要因を検討すること。【方法】2013年4月~2015年3月に入院となった脳内出血患者88例(男性76%,平均年齢65.2 ± 11.2 歳)を対象に,退院時modified Rankin Scale を用い予後良好群と予後不良群に群分けし,機能予後に影響を及ぼす因子およびそのカットオフ値を検討した。【結果】Cox 比例ハザード分析の結果,退院時機能予後に影響を与える因子として年齢(p = 0.008),入院時NIH Stroke Scale(p = 0.001)および離床開始日(p < 0.001)が抽出され,各カットオフ値はそれぞれ66 歳(感度:0.758,特異度:0.582),7 点(感度:0.970,特異度:0.818),2病日(感度:0.788,特異度:0.836)であった。【結論】脳内出血患者の急性期病院退院時の機能予後は年齢,重症度,離床開始日が関連している。

著者関連情報
© 2016 公益社団法人 日本理学療法士協会
前の記事 次の記事
feedback
Top