理学療法学
Online ISSN : 2189-602X
Print ISSN : 0289-3770
ISSN-L : 0289-3770
研究論文(原著)
心不全患者における退院時日常生活動作の低下の予測
小岩 雄大根本 慎司笠原 酉介武市 尚也渡辺 敏木田 圭亮明石 嘉浩
著者情報
ジャーナル フリー

2021 年 48 巻 2 号 p. 180-188

詳細
抄録

【目的】心不全患者の入院早期に得られる身体機能から退院時日常生活動作(以下,ADL)の低下を予測すること。【方法】入院前のADL が自立していた心不全患者96 例を対象とした。身体機能としてModified functional reach test(以下,M-FRT)および座面高30 cm からの立ち上がりの可否を入院早期に測定した。また退院時のADL の指標としてKatz index を評価し,退院時ADL の低下を予測するモデル式を作成した。【結果】多重ロジスティック回帰分析の結果,M-FRT と座面高30 cm からの立ち上がりの可否を構成因子とした退院時ADL の低下を予測するモデル式が得られた(感度91.7%,特異度86.9%,曲線下面積0.925,p<0.05)。【結論】入院早期に得られる身体機能から退院時ADL の低下を予測するモデル式が得られた。

著者関連情報
© 2020 日本理学療法士学会
前の記事 次の記事
feedback
Top