理学療法学
Online ISSN : 2189-602X
Print ISSN : 0289-3770
急性期脳梗塞患者における自宅退院の可否に関連する因子の検討
─多重ロジスティック回帰分析を用いた発症後早期での転帰予測─
國枝 洋太三木 啓嗣今井 智也新田 收星野 晴彦
著者情報
ジャーナル フリー 早期公開

論文ID: 11036

詳細
抄録

【目的】急性期脳梗塞患者の転帰先をより早期かつ正確に予測するために,自宅退院可否に関連する因子を抽出しその影響度を検討した。【方法】急性期脳梗塞患者58名を自宅退院群と転院群に割りつけた。検討因子は診療録より後方視的に調査し,2群間にて比較検討した。また2群間比較にて有意差を認めた項目で多重ロジスティック回帰分析を行った。【結果】自宅退院可否と関連を認めたのは,性別,入院時血清アルブミン(以下,Alb)値,入院時血清総蛋白(TP)値,入院時NIHSS,入院から1週後の藤島式嚥下グレード(嚥下Gr),高次脳機能障害であり,多重ロジスティック回帰分析では,高次脳機能障害とAlb値が選択された。ROC曲線の結果から,転帰を判別する入院時Alb値のカットオフ値は3.95 g/dl であった。【結論】急性期病院搬送直後の高次脳機能障害の有無とAlb値は,転帰予測因子としての可能性が示唆された。

著者関連情報
© 2015 公益社団法人 日本理学療法士協会
feedback
Top