理学療法学
Online ISSN : 2189-602X
Print ISSN : 0289-3770
ロコモティブシンドロームの重症度と転倒頻度,低骨密度およびサルコぺニアの関連性について
松本 浩実中祖 直之松浦 晃宏秋田 朋子萩野 浩
著者情報
ジャーナル フリー 早期公開

論文ID: 11092

詳細
抄録

【目的】ロコモティブシンドローム(以下,ロコモ)の重症度と転倒頻度,低骨密度およびサルコペニアとの関連性を調査すること。【方法】地域在住の高齢者217名を研究対象とした。対象者を非ロコモ群,プレロコモ群,ロコモ群の3群に群分けし,転倒頻度,低骨密度およびサルコペニアの有病率を調査した。転倒,低骨密度およびサルコペニア,それぞれの有無を従属変数,ロコモ3群を独立変数とし,年齢,性別で調整した二項ロジスティック回帰分析を行った。【結果】非ロコモ,プレロコモ,ロコモの転倒頻度はそれぞれ13.8%,14.3%,34.2%,低骨密度は32.5%,23.2%,57.9%,サルコペニアは3.3%,3.6%, 15.8%であった。二項ロジスティック回帰分析では,転倒とロコモが有意に関連し,非ロコモがロコモとなった場合の転倒リスクは約3.5倍であった。【結論】年齢,性別を問わずロコモに対する転倒予防対策が必要である。

著者関連情報
© 2015 公益社団法人 日本理学療法士協会
feedback
Top