理学療法科学
Online ISSN : 2434-2807
Print ISSN : 1341-1667
特集
高齢者急性心筋梗塞患者のリハビリテーション
荒畑 和美庭野 ますみ国分 江美佳藤田 博暁栗原 美智土田 典子内山 覚森 隆之金丸 晶子
著者情報
ジャーナル フリー

2002 年 17 巻 3 号 p. 157-163

詳細
抄録

近年,急性心筋梗塞に対する診断及び治療は,目覚ましく発展を遂げてきた。それに伴い,急性期リハビリテーションの考え方は様変わりし,高齢者においても,病前の活動性が高く,発症後心不全や重症不整脈がない患者については,早期離床,早期退院,早期社会復帰をめざしたプログラムが可能となった。しかし,一方で,病前ADL低下例,歩行障害例,重篤な合併症例が多いことは,高齢者心筋梗塞患者の特徴である。このような患者に対しては,病前ADLを目標に,リスク管理下で個人にあわせた運動療法プログラムを作成し,リハビリテーションを施行していく必要がある。

著者関連情報
© 2002 by the Society of Physical Therapy Science
前の記事 次の記事
feedback
Top