理学療法科学
Online ISSN : 2434-2807
Print ISSN : 1341-1667
研究論文
大腿四頭筋ならびに内・外側ハムストリングの筋力比と大腿部肉離れの発生との関係
木村 護郎今野 宏亮徳元 仁美松原 由未子粟井 瞳佐々木 誠
著者情報
キーワード: 肉離れ, 筋力比, 大腿部
ジャーナル フリー

2004 年 19 巻 4 号 p. 323-329

詳細
抄録

大腿四頭筋(Q),内・外側ハムストリング(H)各々の筋力の筋力比と大腿部肉離れの発生との関係を明らかにするために,スポーツ活動を行っている大学生27名を対象に,膝伸展筋力と膝屈曲筋力(下腿内旋位,中間位,外旋位)を測定した。対象者は,過去に大腿部肉離れを起こした経験のある学生(損傷群)10名,経験のない学生(対照群)17名の2群に分類し,対象肢は,損傷群における損傷肢と非損傷肢,ならびに対照群の両脚34肢(対照肢)とした。損傷群のうちの2名(陸上1名,バレーボール1名)はQの肉離れを経験しており,損傷側においてQの筋力は相対的に弱い傾向があることが示唆された。Hの肉離れを経験した者8名において,QならびにHの筋力が対照肢よりも損傷肢で高値であった。特に,外側Hを損傷した者のHの筋力は対照肢よりも損傷肢で強かった。Qの肉離れは,競技の動作特性ならびに相対的なQの筋力の不足が発生要因である可能性があり,外側Hを損傷した者は,その筋の動筋に対する拮抗作用としての収縮・弛緩の微調整の役割が強いか,不備が生じやすいと考えられた。

著者関連情報
© 2004 by the Society of Physical Therapy Science
前の記事 次の記事
feedback
Top