理学療法科学
Online ISSN : 2434-2807
Print ISSN : 1341-1667
研究論文
片脚着地動作時における下肢アライメントの相違が膝関節ストレスに与える影響
今 直樹堀尾 暁佐々木 誠
著者情報
ジャーナル フリー

2007 年 22 巻 3 号 p. 403-407

詳細
抄録

健常女性12名を対象にNeutral,Knee-In & Toe-Out,Knee-Out & Toe-Inの3条件の下肢アライメントで,高さ40 cmの台から床反力計への片脚着地動作を行い,筋放電,床反力を測定した。Knee-In & Toe-OutではNeutralよりも大腿直筋の最大筋放電・積分値,外側広筋の積分値,身体内側方向への床反力が有意に大きかった。Knee-Out & Toe-Inでは身体外側方向への床反力が有意に大きかった。結果よりKnee-In & Toe-Outでは,大腿直筋と外側広筋が収縮することで脛骨を前方に強く引き出す力が働き,また身体内側への床反力を受けて大腿骨に対する脛骨の内側への剪断力が生じるため,ACL損傷が起こりやすいのではないかと考えられた。Knee-Out & Toe-Inでは下腿内旋位によるACLの張力の高まりに加え,大腿骨に対する脛骨の外側への剪断力が生じるためNeutralに比してACL損傷が起こりやすいと考えられた。

著者関連情報
© 2007 by the Society of Physical Therapy Science
前の記事 次の記事
feedback
Top