理学療法科学
Online ISSN : 2434-2807
Print ISSN : 1341-1667
原著
静的ストレッチングがジャンプ能力に及ぼす効果
―生理学面ならびに機能面からの検討―
濱田 桂佑佐々木 誠
著者情報
ジャーナル フリー

2008 年 23 巻 3 号 p. 463-467

詳細
抄録

〔目的〕本研究の目的は,静的ストレッチングがジャンプ能力に及ぼす効果について,生理学面ならびに機能面の2つの側面から検討することである。〔対象〕対象は,健常学生20名であった。〔方法〕静的ストレッチング前後で,生理学面として伸張反射の潜時,機能面として等運動性筋力(60 deg/secと240 deg/sec),ジャンプ能力として垂直跳び,立ち幅跳びを計測した。〔結果〕各項目を静的ストレッチング前後で比較したところ,ストレッチング後に伸張反射発現までの潜時,60 deg/secの筋力,垂直跳び,立ち幅跳びは有意に低下していた。〔結語〕静的ストレッチングを行った後にジャンプ能力が低下した。その原因として,筋紡錘の感受性低下ならびにゴルジ腱器官の関与による,筋緊張の調節にかかわる中枢神経系の筋緊張抑制メカニズムに基づく筋緊張低下に伴う筋力低下に加えて,伸張反射発現までの時間の延長によって筋収縮にタイミングの遅れが生じたことが示唆された。

著者関連情報
© 2008 by the Society of Physical Therapy Science
前の記事
feedback
Top