理学療法科学
Online ISSN : 2434-2807
Print ISSN : 1341-1667
総説
男性老人クラブリーダー研修会参加者の体力について
丸山 裕司
著者情報
キーワード: 男性, 高齢者, 体力
ジャーナル フリー

2009 年 24 巻 5 号 p. 755-759

詳細
抄録

〔目的〕本研究では,男性高齢期における体力の変化を検討することを目的とした。〔対象〕対象は老人クラブリーダー研修会に参加した男性高齢者816名(71.8±3.8歳)である。〔方法〕体力テスト(握力,上体起こし,長座体前屈,開眼片足立ち,10 m障害物歩行,6分間歩行)を実施し,年齢と体力テストの結果を検討した。〔結果〕体力と年齢の相関においては,全項目で有意な相関(p<.05)が認められた。特に,開眼片足立ちの結果が大きな低下を示した。〔結語〕意欲的に社会活動に参加していると考えられる老人クラブのリーダーであっても年齢が上がるに連れ,体力特に平衡機能が大きく低下する傾向が示唆された。

著者関連情報
© 2009 by the Society of Physical Therapy Science
前の記事 次の記事
feedback
Top