理学療法科学
Online ISSN : 2434-2807
Print ISSN : 1341-1667
原 著
Spinal Mouseを使用した腹臥位での脊柱彎曲角度測定の信頼性と最小可検変化量
末廣 忠延水谷 雅年渡邉 進小原 謙一藤田 大介大坂 裕
著者情報
キーワード: Spinal Mouse, 腹臥位, 信頼性
ジャーナル フリー

2013 年 28 巻 6 号 p. 761-765

詳細
抄録

〔目的〕腹臥位の脊柱彎曲角度について,測定日内および測定日間の検査者内信頼性と最小可検変化量を明らかにすることとした.〔対象〕健常成人男性20名とした.〔方法〕測定日の1日目と2日目に各2回ずつ測定を実施し測定日内と測定日間でのICC,SEM,MCD95により検者内信頼性を検討した.〔結果〕測定日内のICCは0.85~0.95であった.測定日間のICCは0.77~0.91であった.測定日間で胸椎後彎角7.5°,腰椎前彎角4.0°,仙骨傾斜角4.8°より大きな変化は真の変化であると示唆された.〔結語〕腹臥位での脊柱彎曲角度測定は,信頼性の高い測定が可能であると示唆された.

著者関連情報
© 2013 by the Society of Physical Therapy Science
前の記事 次の記事
feedback
Top