理学療法科学
Online ISSN : 2434-2807
Print ISSN : 1341-1667
原 著
回復期リハビリテーション病棟における認知症の評価
─認知尺度と行動観察尺度を併用して用いる有用性─
佐野 佑樹澤 俊二杉浦 徹木村 圭佑松本 隆史櫻井 宏明金田 嘉清
著者情報
ジャーナル フリー

2015 年 30 巻 6 号 p. 955-959

詳細
抄録

〔目的〕回復期リハ病棟における認知尺度と行動観察尺度を併用して用いる有用性を検討すること.〔対象〕当院回復期リハ病棟に入院した60名.〔方法〕行動観察尺度のNMスケールを用いて,認知症の重症度を4群に分類した.次に,各群間における入退院時のMMSE,NMスケールの比較と関連性を求めた.〔結果〕認知症が重度群の場合,MMSEでは失語症や鬱傾向により評価不十分だが,NMスケールでは有意な差が認められた.また入院時の軽度群と中等度群のみ相関が低かった.〔結語〕一方の評価だけでは信頼性が乏しいこと,また認知尺度は失語症や鬱傾向の影響を受けることがあるため,日常生活の様子を観察して評価する行動観察尺度は有効であった.

著者関連情報
© 2015 by the Society of Physical Therapy Science
前の記事 次の記事
feedback
Top