理学療法科学
Online ISSN : 2434-2807
Print ISSN : 1341-1667
原 著
等張性収縮における小殿筋筋活動と中殿筋筋活動の比較
―ワイヤ電極を用いて―
室伏 祐介岡上 裕介中平 真矢前田 貴之永野 靖典池内 昌彦川上 照彦
著者情報
ジャーナル フリー

2016 年 31 巻 4 号 p. 597-600

詳細
抄録

〔目的〕等張性外転運動における筋活動より,中殿筋に対し小殿筋を優位に鍛える方法を検討することとした.〔対象と方法〕対象は,健常成人14名とした.小殿筋と中殿筋にワイヤ電極を留置し,最大筋力20%,40%,60%の負荷量での等張性外転運動による,積分値,平均周波数を算出した.〔結果〕全ての段階の負荷量において小殿筋の方が中殿筋よりも筋活動が高かった.さらに,筋活動量の割合(小殿筋/中殿筋)は最大筋力20%の負荷量において高かった.また,平均周波数は負荷量ごとに違いは認められなかった.〔考察〕等張性外転運動で中殿筋に対し小殿筋を優位に鍛えるためには低負荷が良い.

著者関連情報
© 2016 by the Society of Physical Therapy Science
前の記事 次の記事
feedback
Top