理学療法科学
Online ISSN : 2434-2807
Print ISSN : 1341-1667
原著
扁平足がモノフィラメント圧痛計による足底感覚閾値に与える影響
高田 雄一矢崎 香苗岩本 浩二飯島 光博又村 貴大山本 可奈子宮本 重範
著者情報
ジャーナル フリー

2016 年 31 巻 6 号 p. 893-896

詳細
抄録

〔目的〕足部形状に変形のない健常足と内側縦アーチが低下した扁平足では地面へ接する部位は異なる.扁平足は足底感覚閾値にどのような影響を与えるのか検討することであった.〔対象と方法〕対象は健常群22名,および内側縦アーチが低下している扁平足群21名とした.モノフィラメント圧痛計を用いて9つの足底部位(母趾中央,示趾中央,中趾中央,環趾中央,小趾中央,母趾球,小趾球,内側縦アーチ中央,踵中央)において足底感覚閾値をそれぞれ測定した.測定した閾値を部位ごとに群間比較した.〔結果〕小趾球でのみ扁平足群で有意に閾値が低かった.〔結語〕扁平足群では健常群に比べ荷重量の少ないと考えられる小趾球の感覚閾値が低いことがわかった.

著者関連情報
© 2016 by the Society of Physical Therapy Science
前の記事 次の記事
feedback
Top