理学療法科学
Online ISSN : 2434-2807
Print ISSN : 1341-1667
原著
糖尿病療養指導における運動療法の指導方法の違いによる動機づけ効果の検証
─講義型と体験型の比較─
溝口 桂
著者情報
キーワード: 講義型, 体験型, 動機づけ
ジャーナル フリー

2019 年 34 巻 6 号 p. 789-792

詳細
抄録

〔目的〕糖尿病の運動指導で指導方法によって得られる効果(運動の動機づけ)の違いを明らかにすること.〔対象と方法〕対象は当院で開催した糖尿病教室,糖尿病啓発イベントに参加した糖尿病患者50名とした.糖尿病教室(講義型35名),糖尿病啓発イベント(体験型15名)の参加者を対象とした.運動に関する動機づけのアンケート(BREQ-2)を行い指導前後で比較した.〔結果〕講義型では内発的動機づけとともに自己決定的でない調整スタイルが改善し,体験型では自己決定的でない調整スタイルは改善せず,より自律的な調整スタイルが改善した.〔結語〕開催形式の違いにより異なる運動の動機づけ調整スタイルの改善が得られることが示唆された.

著者関連情報
© 2019 by the Society of Physical Therapy Science

この記事はクリエイティブ・コモンズ [表示 - 非営利 - 改変禁止 4.0 国際]ライセンスの下に提供されています。
https://creativecommons.org/licenses/by-nc-nd/4.0/deed.ja
前の記事 次の記事
feedback
Top