理学療法科学
Online ISSN : 2434-2807
Print ISSN : 1341-1667
原 著
地域在住高齢者の基本チェックリストの各領域と3年後の転帰との関連
─新規要介護認定と総死亡のリスク要因について─
森田 泰裕新井 智之渡辺 修一郎
著者情報
ジャーナル オープンアクセス

2021 年 36 巻 4 号 p. 553-560

詳細
抄録

〔目的〕地域在住高齢者における基本チェックリストの各領域が,3年後の転帰として新規要介護認定と総死亡に関連するリスク要因となるか検討することを目的とした.〔対象と方法〕地域在住高齢者を対象に2012年度に基本チェックリストを調査し,新規要介護認定については20747名,死亡については22021名を解析した.基本チェックリストが3年後の新規要介護認定と総死亡のリスク要因となるか検討した.〔結果〕新規要介護認定には運動機能低下,低栄養,認知機能低下,うつ,総死亡には運動機能低下,閉じこもり,認知機能低下が有意なリスク要因であった.〔結語〕基本チェックリストの運動機能低下,認知機能低下は,早期の予防が重要であると考えられる.

著者関連情報
© 2021 by the Society of Physical Therapy Science

この記事はクリエイティブ・コモンズ [表示 - 非営利 - 改変禁止 4.0 国際]ライセンスの下に提供されています。
https://creativecommons.org/licenses/by-nc-nd/4.0/deed.ja
前の記事 次の記事
feedback
Top