陸水学雑誌
Online ISSN : 1882-4897
Print ISSN : 0021-5104
資料
汽水湖中海におけるオゴノリおよびスジアオノリ葉上のヨコエビ相
山内 健生有山 啓之向井 哲也山内 杏子
著者情報
ジャーナル フリー

2006 年 67 巻 3 号 p. 223-229

詳細
抄録

 2002年の5-6, 10-12月に, 島根・鳥取県境に位置する中海において, オゴノリGracilaria asiatica とスジアオノリEnteromorpha prolifera に生息するヨコエビ相の調査を行った。その結果, 7科10種3117個体のヨコエビ類を確認した。これらのうち, Eogammarus possjeticus, Apocorophium acutum, アリアケドロクダムシMonocorophium acherusicum, トンガリドロクダムシMonocorophium insidiosum, ツルギトゲホホヨコエビParadexamine setigera, アゴナガヨコエビPontogeneia rostrata, ヒゲツノメリタヨコエビMelitasetiflagella, シミズメリタヨコエビMelita shimizui の8種は中海における新記録種であった。なお, これらの種が採集された水域の塩分濃度は9.99 psuから25.9 psuの範囲内であった。中海のオゴノリ葉上ヨコエビ相においてはモズミヨコエビAmpithoe valida が優占種であり, スジアオノリ葉上ではトンガリドロクダムシが優占した。

著者関連情報
© 2006 日本陸水学会
前の記事 次の記事
feedback
Top