陸水学雑誌
Online ISSN : 1882-4897
Print ISSN : 0021-5104
特集
コイヘルペスウイルス病の侵入を外来種問題として捉える
内井 喜美子川端 善一郎
著者情報
ジャーナル フリー

2009 年 70 巻 3 号 p. 267-272

詳細
抄録

 1998年,アメリカおよびイスラエルで大量死起こした養殖コイから初めて単離されたコイヘルペスウイルスは,2003年,日本に侵入し,コイ養殖産業に大損害を与えた。日本においては,ウイルスは養殖場にとどまらず,2004年には全国の河川や湖に蔓延し,琵琶湖では同年,10万匹以上の野生コイが死亡した。大流行の収束後は,感染を生き残ったコイがウイルスを保因し,新たなウイルスの供給源となっている可能性が高い。さらに,コイの集団繁殖生態が,ウイルスの宿主間伝播に寄与すると推測される。

著者関連情報
© 2009 日本陸水学会
前の記事 次の記事
feedback
Top