日本臨床外科医学会雑誌
Online ISSN : 2189-2075
Print ISSN : 0386-9776
群馬県における甲状腺癌集団検診の成績
石田 常博小川 徹男星野 和男阿部 展祐輝佐藤 浩司中村 敬細野 治飯野 佑一川井 忠和泉雄 勝
著者情報
キーワード: 甲状腺癌, 集団検診, 微小癌
ジャーナル フリー

1986 年 47 巻 10 号 p. 1191-1197

詳細
抄録

群馬県下における甲状腺癌集団検診を1980年から県対ガン協会と協力し,乳癌検診と同時に実施してきたので, 5年間の成績結果を報告する.受診者総数は91.787名(実人数54,625名)で,一次検診の異常者は4.6%,要精検者は2.4%であった.甲状腺癌は133例(乳頭癌117例,濾胞癌15例,髄様癌1例)発見され,発見率は0.14%,実人数に対して0.24%であった.初回受診者は繰り返し受診者よりも2倍発見率が高い.集検癌の82%が甲状腺腫に気付いていなかった.腫瘤径は2cm以下が65.5%を占め, 1cm以下の微小癌が22.6%にみられた.教室外来例に比して,リンパ節転移程度も少なく,甲状腺内に限局しているより早期の癌が多かった.転帰はリンパ節再発1例,残存甲状腺再発1例,交通事故死1例の他は健存であり,きわめて予後良好であった.甲状腺癌の集団検診は早期発見,早期治療上,有意義であり,今後さらに普及させるべきものと思われる.

著者関連情報
© 日本臨床外科学会
次の記事
feedback
Top