日本臨床外科医学会雑誌
Online ISSN : 2189-2075
Print ISSN : 0386-9776
胃アニサキス症の超音波診断について
飯塚 益生馬来 忠道
著者情報
ジャーナル フリー

1986 年 47 巻 5 号 p. 628-632

詳細
抄録

胃アニサキス症2例の超音波検査を経験した.患者は36歳と29歳の女性で,ともに特徴ある画像を呈した.すなわち胃幽門前庭部から胃体下部にかけての全周性の壁肥厚像で,表面は平滑,内部エコーは低く均一で,粘膜面のエコーはやや高く認められたが各層は分離してみられなかった. 1例は水飲用と体位変換により内腔の開大を認め,壁の伸展性が十分保たれている所見をえたが,このことは悪性疾患との鑑別に有効であると思われた. 2例とも内視鏡検査で虫体を発見し,これを生検鉗子で摘出したことで症状は消失した.1例に1カ月後再度超音波検査を行ったところ,胃壁が正常の厚さにもどっていた.このことより,超音波検査はアニサキス症の治癒の判定にも有効であると思われた.

著者関連情報
© 日本臨床外科学会
前の記事 次の記事
feedback
Top