日本臨床外科医学会雑誌
Online ISSN : 2189-2075
Print ISSN : 0386-9776
ISSN-L : 0386-9776
豊胸術後に発生した乳癌の3例
塩見 尚礼近藤 雄二小道 広隆片野 智子宮沢 一博原田 佐智夫稲葉 征四郎上田 泰章今井 俊介
著者情報
キーワード: 豊胸術, 乳癌
ジャーナル フリー

1996 年 57 巻 7 号 p. 1592-1596

詳細
抄録

豊胸術後に発生した稀な乳癌の3例を経験した.症例1は43歳の女性.豊胸術後11年目に外傷にてシリコンバッグ破裂.以来乳腺腫瘤の生検を繰り返され, 3年後に乳癌と診断され,左Brp+Ax,広背筋皮弁移植を行った.症例2は56歳の女性,豊胸術後24年目に右腋窩リンパ節腫脹を認め,自潰してきたため当院受診.多発性骨転移を認める進行例であった.術前化学療法を行った後両側Brt-Axを施行した.症例3は66歳の女性.豊胸術後28年目に左乳房緊張感を主訴に受診.腫瘍摘出術にて乳癌と診断されBrt+Axを施行した.豊胸術後の乳癌は本邦では1970年以来37例の論文報告をみるに過ぎず.稀な疾患である.自験例3例を含め,文献的考察を加えて報告した.

著者関連情報
© 日本臨床外科学会
前の記事 次の記事
feedback
Top