日本臨床外科学会雑誌
Online ISSN : 1882-5133
Print ISSN : 1345-2843
ISSN-L : 1345-2843
腸間膜リンパ節結核を併存した進行盲腸癌の1例
山根 成之牧野 正人山代 豊貝原 信明
著者情報
ジャーナル フリー

1998 年 59 巻 2 号 p. 432-435

詳細
抄録

腸間膜リンパ節結核を併存し,これを第4群リンパ節転移陽性と術中過診断した進行盲腸癌の1例を経験したので報告する.症例は68歳,女性.精査の結果,盲腸癌の診断にて当科に入院した.結核の既往.家族歴は認めなかった.術中,回結腸動脈に沿って上腸間膜動脈根部まで,また第1, 2空腸動脈領域にも1~3cm大のリンパ節腫大を数珠状に認めた.第4群リンパ節転移陽性盲腸癌と判定しD3に加えて可及的第4群リンパ節廓清を含めた右半結腸切除術を施行した.術後の組織学的検討では進行盲腸癌であったが,リンパ節腫大は癌の転移によるものでなくリンパ節結核によるものであった.大腸癌手術の際,他の遠隔転移がないにもかかわらず著明な腹腔内リンパ節腫大を認めた場合,術中迅速組織診によって腸間膜リンパ節結核の除外診断を行うべきである.

著者関連情報
© 日本臨床外科学会
前の記事 次の記事
feedback
Top