日本臨床外科学会雑誌
Online ISSN : 1882-5133
Print ISSN : 1345-2843
人間ドックにおける甲状腺癌検診の成績
伊藤 勅子小松 大介小山 洋坂井 威彦藤田 知之中田 岳成熊木 俊成青木 孝學春日 好雄
著者情報
ジャーナル フリー

2002 年 63 巻 8 号 p. 1853-1856

詳細
抄録

甲状腺癌のほとんどを占める乳頭癌は分化度の高いものが多く,早期発見および適切な外科治療により治癒が期待できる.今回われわれは, 1997年4月から2002年3月までの5年間の当院人間ドックにおける触診での甲状腺癌検診の成績および外科治療を含めた臨床的検討を行った.発見率は総受診者25,139人中58人(0.23%)で,男性は17,443人中11人(0.06%),女性は7,696人中47人(0.61%)であった.最大腫瘍径が1cm以下のいわゆる微小癌は25例(43%)であった.組織型は乳頭癌は56例(96%)で,濾胞癌,髄様癌はそれぞれ1例(2%)であった.リンパ節転移陽性は27例(47%)に認められた.いずれも手術時合併症はなく現在再発を認めていない.人間ドックでの早期発見により侵襲,合併症が少ない治療が可能で患者のQOLは向上することが期待され,検診の意義は十分にあると考えられる.

著者関連情報
© 日本臨床外科学会
前の記事 次の記事
feedback
Top