日本臨床外科学会雑誌
Online ISSN : 1882-5133
Print ISSN : 1345-2843
ISSN-L : 1345-2843
長期の経過で肝嚢胞腺腫から嚢胞腺癌に移行したと思われる1例
三田村 篤天本 明子鈴木 雄竹花 教遠藤 義洋北村 道彦君塚 五郎
著者情報
ジャーナル フリー

2005 年 66 巻 5 号 p. 1146-1150

詳細
抄録

症例は67歳の女性で, 1986年から肝右葉の肝嚢胞を指摘され, 1998年以降当院にてCT, 腹部超音波検査にて経過観察されていた.嚢胞は増大傾向を示し, 2002年7月より下腹部から右腎部の疼痛と食欲不振を自覚し入院となる.内部に腫瘤陰影を認め, 9月18日,肝悪性腫瘍の診断にて肝右葉切除術を施行した.病理組織検査にて嚢胞腺癌 (papillotubular, 肝臓浸潤(+)), EMA(+), CK7(+), CK20(+~-), AFP(-) であった.経過良好で,第19病日退院となったが, 12月に入り全身倦怠感などが出現. CTにて傍大動脈リンパ節腫大を認め, CEA, CA19-9も上昇し,再発と診断した.抗癌剤治療を行ったが全身状態は悪化し, 4月22日死亡された.肝嚢胞は多くの場合良性であるが,多房性で,壁の肥厚や不整を有する例では,悪性を念頭に入れた注意深い経過観察が必要である.

著者関連情報
© 日本臨床外科学会
前の記事 次の記事
feedback
Top