日本臨床外科学会雑誌
Online ISSN : 1882-5133
Print ISSN : 1345-2843
ISSN-L : 1345-2843
肛門周囲に発生した侵襲性血管粘液腫の1例
小野里 航高橋 禎人平井 俊男西 八嗣八十川 要平本告 匡
著者情報
ジャーナル フリー

2006 年 67 巻 2 号 p. 376-381

詳細
抄録

症例は63歳,男性.肛門左側腫瘤を主訴に近医受診し,肛門腫瘍を指摘され当院紹介受診となった.肛門左側に5.5×3.5cm大の楕円形で弾性軟な腫瘤を認め,超音波, CT, MRI検査で脂肪成分と嚢胞成分が混在する腫瘍を認めた.肛門周囲脂肪肉腫を疑い,腫瘍摘出術を施行した.腫瘍は肛門左側皮下から肛門挙筋に接するように存在し,周囲との境界は比較的明瞭で容易に剥離摘出可能であった.術後の病理組織診断では侵襲性血管粘液腫(aggressive angiomyxoma)の診断であった.侵襲性血管粘液腫は,本邦では自験例を含め35例ほど報告されているが,若い女性の外陰部に発生することが多く,自験例のように肛門腫瘍の形態を呈し壮年男性に発生することは稀である.
本邦報告例および自験例を含め文献的考察を加え報告する.

著者関連情報
© 日本臨床外科学会
前の記事 次の記事
feedback
Top