臨床血液
Online ISSN : 1882-0824
Print ISSN : 0485-1439
ISSN-L : 0485-1439
臨床研究
急性骨髄性白血病(AML) 191例の臨床経過とWT1 mRNAの発現量-全国23施設による共同研究-
宮脇 修一恵美 宣彦三谷 絹子大屋敷 一馬北村 邦朗森下 剛久小川 啓恭小松 則夫相馬 俊裕玉置 俊治小杉 浩史大西 一功溝口 秀昭平岡 諦小寺 良尚上田 龍三森島 泰雄中川 雅史飛田 規杉本 耕一千葉 滋井上 信正濱口 元洋古賀 大輔玉置 広哉直江 知樹杉山 治夫高久 史麿
著者情報
ジャーナル 認証あり

2005 年 46 巻 12 号 p. 1279-1287

詳細
抄録

急性骨髄性白血病(Acute myeloid leukemia: AML) 191症例の末梢血のWT1 mRNA発現(Wilms tumor gene 1: WT1)量を定期的に測定し臨床経過との関連を検討した。初発未治療のAML症例におけるWT1の陽性率は93.9% (107/114)であった。寛解が得られ寛解を継続した症例66例の全例でWT1量は寛解に伴い低下し50 copies/μgRNA未満(陰性)となり,84.8% (56/66)の症例が1年後の経過観察終了時陰性であった。非寛解症例54例のうち87.0% (47/54)の症例のWT1量は,経過観察期間中50 copies/μgRNA以上(陽性)であった。寛解後再発した29例の全例において,寛解に伴い低下したWT1量は再発に伴って上昇に転じた。寛解後再発症例の79.3% (23/29)の症例のWT1の値は再発の43日(中央値)前に200 copies/μgRNAを超えて上昇していた。再発診断率,寛解継続診断率および診断効率を考慮するとAMLの早期再発診断のための基準値としては200 copies/μgRNAが妥当と考えられた。WT1量は,微小残存病変(Minimal residual disease: MRD)を反映しAMLの臨床状態に対応して変動していた。今回,WT1測定に使用したキットでは末梢血を用いたことからこのキット検査は患者への負担が少なく,定期的検査に適していると考えられた。

著者関連情報
© 2005 一般社団法人 日本血液学会
前の記事 次の記事
feedback
Top