J-STAGE トップ  >  資料トップ  > 書誌事項

臨床血液
Vol. 52 (2011) No. 12 P 1870-1875

記事言語:

http://doi.org/10.11406/rinketsu.52.1870

症例報告

顆粒リンパ球増多症(GLPD)は悪性腫瘍に合併することが知られている。今回GLPDを経過観察していた際に,急性単芽球性白血病(AMoL)を発症した症例を経験した。症例は82歳の男性。2006年12月に貧血を契機としてGLPDの診断となった。経過観察中の2007年5月に頚部リンパ節腫脹と末梢血に芽球の出現を認めた。末梢血単核球とリンパ節のTCR遺伝子再構成の検討でクローン性細胞増殖を認めず,芽球の表面抗原がCD13,CD64陽性で,血清・尿リゾチーム値が上昇していたことから,AMoLと診断した。本例ではGLPD診断時の骨髄クロットで少数のCD34陽性細胞の集簇を認め,既に発症初期のAMoLが存在し,発症初期のAMoLに対する反応としてGLPDが生じていた可能性も考えられる。
GLPDを診断した際には急性骨髄性白血病の合併も考慮し,慎重な経過観察を行う必要がある。

Copyright © 2011 一般社団法人 日本血液学会

この記事を共有