臨床血液
Online ISSN : 1882-0824
Print ISSN : 0485-1439
ISSN-L : 0485-1439
Symposium 6
免疫調節薬(IMiDs)のターゲットの発見
伊藤 拓水安藤 秀樹半田 宏
著者情報
ジャーナル 認証あり

2016 年 57 巻 5 号 p. 556-562

詳細
抄録

免疫調節薬(immunomodulatory drugs, IMiDs)は米国セルジーン社が開発した新たなタイプの抗がん剤・抗炎症薬であり,サリドマイドおよびその誘導体である。現在,IMiDsであるレナリドミドやポマリドミドは多発性骨髄腫や他の血液がんなどの難病に優れた効果を発揮することが判明しており,世界中の医師および医薬学研究者が注目している。しかし,IMiDsの作用機構は長い間不明であった。ところが,2010年に我々が大本であるサリドマイドの標的因子(ターゲット)としてcereblon (CRBN)を発見したことが発端になり,その理解は飛躍的に進んだ。現在では,CRBNはIMiDsに共通したターゲットとしてのコンセンサスを得るに至っている。本稿では,IMiDsのターゲットであるCRBNがどのように発見され,どのように作用機構が解明されたかについてわかり易く紹介していきたい。

著者関連情報
© 2016 一般社団法人 日本血液学会
前の記事 次の記事
feedback
Top