臨床血液
Online ISSN : 1882-0824
Print ISSN : 0485-1439
ISSN-L : 0485-1439
10 (EL1-12)
家族性造血器腫瘍
平林 真介真部 淳
著者情報
ジャーナル 認証あり

2017 年 58 巻 10 号 p. 1878-1883

詳細
抄録

WHOによる造血・リンパ系の腫瘍分類(WHO Classification of Tumours of Haematopoietic and Lymphoid Tissues)の第4版が2008年に刊行された。その序文には「分類は医学の共通言語である。病気は記述されることによって初めて認識される。定義され,病名が与えられなければ,疾患は存在し得ない。」とある。昨今の分子遺伝学の進歩が疾患の解明に大きく寄与しており,造血器腫瘍にのみ生じる体細胞系列の変異のみならず,造血器腫瘍発症の素因となる胚細胞系列の変異の存在が明らかにされてきた。WHO分類第4版2016改訂を通して家族性造血器腫瘍を概説する。

著者関連情報
© 2017 一般社団法人 日本血液学会
前の記事 次の記事
feedback
Top