臨床血液
Online ISSN : 1882-0824
Print ISSN : 0485-1439
ISSN-L : 0485-1439
総説
慢性骨髄性白血病のTKI治療による心血管系合併症への対応
松村 到
著者情報
ジャーナル 認証あり

2018 年 59 巻 1 号 p. 13-26

詳細
抄録

慢性骨髄性白血病の予後はチロシンキナーゼ阻害薬(TKI)の登場により画期的に改善した。しかし,TKIはBCR-ABL以外のoff-targetを阻害することにより,様々な副作用をもたらす。この中でも心血管系の閉塞症,肺高血圧症は重篤である。従って,CML患者にTKIを投与する際には,糖尿病,高血圧などの心血管系のリスク評価を行い,TKI投与中は心電図,心エコーなどの適切なモニタリングが必要である。

著者関連情報
© 2018 一般社団法人 日本血液学会
前の記事 次の記事
feedback
Top