臨床血液
Online ISSN : 1882-0824
Print ISSN : 0485-1439
ISSN-L : 0485-1439
臨床研究
中国地方・四国地方における造血器悪性腫瘍患者に対する妊孕性温存体制の実態調査
鴨井 千尋藤井 伸治嶋田 明名和 由一郎前田 嘉信
著者情報
ジャーナル 認証あり

2021 年 62 巻 9 号 p. 1388-1392

詳細
抄録

妊孕性温存治療に関する認識と2020年現在の実践状況を明らかにするため,中国地方と四国地方の造血器悪性腫瘍患者を治療する医師を対象に調査を行った。アンケートを血液内科と小児血液腫瘍科の46施設59診療科に送付し,52名(88.1%)から回答を得た。患者への説明について,40名(76.9%)が統一された手順はないと回答し,37名(71.2%)が主治医単独で行うと回答した。対象年齢は決まっていないという回答が多数を占めた。自施設内で妊孕性温存治療を完遂できる施設は限られている。多くは他施設との協力が可能であった。一方,自施設で妊孕性温存治療は不可能かつ連携施設も存在しないという診療科が5か所存在することが明らかになった。がん治療の影響で不妊になり得る全ての患者に妊孕性温存治療に関する情報を提供すべきである。地域のネットワークを活用し,施設間連携を強化することの必要性が示唆された。

著者関連情報
© 2021 一般社団法人 日本血液学会
前の記事 次の記事
feedback
Top