宗教研究
Online ISSN : 2188-3858
Print ISSN : 0387-3293
ISSN-L : 2188-3858
救済と暴力 : オウム真理教元幹部の入信と脱会の一事例(<特集>宗教-相克と平和)
渡辺 学
著者情報
ジャーナル フリー

2005 年 79 巻 2 号 p. 375-398

詳細
抄録

本論は、オウム真理教元幹部Aの入信と脱会の事例を扱う。Aは、精神的な探求者としてさまざまな宗教団体や霊能者などを遍歴した後、教祖と出会い同教団の最初の出家者となった。強い信仰と神秘体験によってAは人類の救済を目指すとされた教団の活動に積極的に関わったが、同時に同教団の犯罪行為へと深く関与することとなった。強い信仰を持っていたときには、教団による殺人行為も救済としてのポアとして宗教的に正当化したり合理化したりすることができたが、棄教に至ったとき、それは単なる殺人としてAの心に重くのしかかることになった。

著者関連情報
© 2005 日本宗教学会
前の記事 次の記事
feedback
Top