宗教研究
Online ISSN : 2188-3858
Print ISSN : 0387-3293
大衆文化としての<イタコ> : 一九七〇~八〇年代のオカルトブームをめぐって
大道 晴香
著者情報
ジャーナル フリー

2013 年 87 巻 1 号 p. 105-129

詳細
抄録

イタコは青森県から秋田県・岩手県に分布する民間巫者であり、マス・メディアによって、今やその存在は全国に知れわたっている。しかし、そうした認知度の高さとは裏腹に、民俗文化としてのイタコと、マス・メディアによって形成される大衆文化としての<イタコ>との間には、少なからず隔たりが存在している。本稿は活字メディアによって作られた言説を分析することで、一九七〇年代〜八〇年代における<イタコ>の実相について、特にオカルトブームとの関連から論じている。七〇年代に始まる日本のオカルトブームは、それまで「他者」の領域に追いやられてきた<イタコ>の宗教性を「オカルト」として再発見することで、「我々」の領域へと編入した。これは価値の転換であると同時に、<イタコ>の宗教性が大衆の消費対象化したことを意味する。こうした宗教性の大衆化こそが、大衆文化としての<イタコ>の定着において非常に重要な役割を果たしたと考えられる。

著者関連情報
© 2013 日本宗教学会
前の記事 次の記事
feedback
Top