宗教研究
Online ISSN : 2188-3858
Print ISSN : 0387-3293
ISSN-L : 2188-3858
アッシリアにおける国家と神殿 : 理念と制度(<特集>国家と宗教)
柴田 大輔
著者情報
ジャーナル フリー

2015 年 89 巻 2 号 p. 269-295

詳細
抄録

現在のイラク北部を中心に繁栄した古代の領域国家アッシリアの王宮と国家神アッシュルの神殿は異なる組織によって運営されたが、両者は統治において一種の共犯関係にあった。王宮を中心とする行政機構によって統治された国土は、理念上国家神の所有とされた。その国家神は神殿において祀られていた(「扶養」されていた)が、この神の祭祀に必要な物資は、規定供物の制度を通じ、アッシリアを構成する全行政州によって共同で賄われた。さらに、規定供物の制度は、理念上で国家神の祭司を兼任した王の直属の人員によって統括された可能性が高い。

著者関連情報
© 2015 日本宗教学会
前の記事 次の記事
feedback
Top