安全工学
Online ISSN : 2424-0656
Print ISSN : 0570-4480
ISSN-L : 0570-4480
腐食事故とその対策 特集
局部腐食(孔食,すきま腐食など)の試験法
塩原 國雄
著者情報
キーワード: 腐食, 局部腐食, 試験法
ジャーナル フリー

1985 年 24 巻 6 号 p. 350-363

詳細
抄録

主として孔食及びすぎま腐食と呼ばれる局部腐食の試験法について述べたものであるが,応力腐食割れや粒界腐食の試験法についても触れた. 局部腐食の現象,電流一電位曲線との関係を述べた後,それぞれの腐食の試験法を紹介している. 孔食試験には“ステンレス鋼の孔食電位測定法”及び“ステンレス鋼の塩化第二鉄腐食試験”の二つ のJISイヒされた方法がある. すきま腐食試験はまだJISには定められていないが,すきま腐食の再不動態化電位ERの測定”,“活性炭加速試験”などが有望である・ 応力腐食割れ試験及び粒界腐食試験は,JIS法のほかに,SSRT法やEPR法を紹介した.

著者関連情報
© 1985 特定非営利活動法人 安全工学会
前の記事 次の記事
feedback
Top