産業衛生学雑誌
Online ISSN : 1349-533X
Print ISSN : 1341-0725
ISSN-L : 1341-0725
事例
現在も発生する塗装工の鉛中毒
中村 賢治北原 照代垰田 和史
著者情報
ジャーナル フリー HTML

2015 年 57 巻 5 号 p. 241-243

詳細

はじめに

日本では,1990年頃までは,高速道路の橋梁など鉄に塗る塗料に,防錆などのために鉛丹(四酸化三鉛)が混入されていた.橋梁塗装は,塗膜の劣化のため,およそ5–10年毎に塗り替えを行うが,この時にディスクグラインダーを用いて古い塗膜を削る作業(通称ケレン作業)により鉛粉じんが発生して,鉛中毒を起こす事例が報告されてきた1,2

2013年10月に,著者が担当している産業医学科外来で,橋梁塗装のケレン作業中に曝露したと考えられる鉛中毒患者を診療する機会があった.これまでも塗装工の鉛中毒症例は報告され,鉛中毒予防規則(以下,鉛則)にも「剥鉛作業」として対象作業であると記載されているにもかかわらず,現在も鉛中毒が発生している.鉛含有塗料は古い塗膜仕様の鉄製建材としてどこにでも存在する可能性があり,本症例が鉛曝露に至った経緯からすると,今後も全国各地で鉛中毒が発生する危険性があると考えられた.そのため,危険性の周知,および,作業方法や作業環境の改善が進む一助とする目的で,ここに報告する.

症 例

1. 症例1

44歳男性.2013年9月10日頃から全身倦怠感が出現した.20日頃から肩甲骨の下の方の痛み,大胸筋の下縁付近の肋骨に沿う部分の胸痛,腹部の疝痛も自覚するようになった.職場がある関東地方の医療機関を受診したが,原因不明だった.全身倦怠感増悪のため業務継続困難となり,10月11日に休業して帰阪し,自宅近くの医療機関に入院,精査されたが原因不明だった.職業が塗装工だという理由で有機溶剤中毒を疑われ,10月23日に当科を紹介された.

職歴は,19歳(1988年)から,塗装工として,鉄橋や鉄塔など鉄製構造物の塗装作業に従事していた. 2013年8月19日より関東地方の高速道路で,橋梁の塗装塗り替え作業を行っていた.

その他の自覚症状は,腹部の不快感,易疲労感があり,四肢の伸筋麻痺,知覚異常,蒼白,関節痛は何れも訴えなかった.ふらつきやしびれ感などの神経症状はなく,理学的,神経学的に特記すべき所見は認めなかったため,有機溶剤中毒は否定的と考えられた.血液検査は,前医(10月11日)でRBC 416 万/μl,Hb 12.6 g/dl,Ht 36.0%,WBC 6,660 /μl,PLT 29.7 万/μl,GOT 79U/l,GPT 179 U/l,γ-GTP 52 U/l,ALP 198 U/l,T-Bil 1.7 mg/dl,BUN 10.1 mg/dl,Cre 0.67 mg/dl,であった.症状や職歴から,鉛中毒を疑って検査をしたところ,血中鉛 83.6 μg/dl,尿中δ-アミノレブリン酸 29.0 mg/l,赤血球中プロトポルフィリン 334.4 μg/dlであった.鉛中毒と診断し,CaNa2EDTA(ブライアン®)1 g/日2回内服を1週間続け,次の1週間は休薬するというプロトコールの内服療法とした.しかし,症状が持続するため,2014年1月より内服から週1回の点滴静注に切り替えた.CaNa2EDTA 1g/回の点滴静注により,手がむくむなどの副作用と考えられる症状が出現したため,0.5 g/回に減量して点滴療法を続行した.腹部症状は徐々に消失し,胸痛も頻度や強さが弱まり全身倦怠感も弱まっていった.胸痛や全身倦怠感は消失しなかったが,血中鉛が30 μg/dl以下になったため,2014年7月30日に通院治療を終了した.治療経過と血中鉛値をFig. 1に示した.

Fig. 1.

 Progress of blood lead level (case 1).

2. 症例2

49歳男性. 2013年10月頃から起床時の両II-IV指のこわばり,動悸・息切れが出現していた.2014年2月に関東地方の病院で受けた鉛健診では,血中鉛 68.4 μg/dl,尿中δ-アミノレブリン酸 20.6 mg/lであった.3月頃より症状が増悪し,頻回な便意と下痢,左胸痛,易疲労感,特に下肢の疲労感,下肢の痙攣も伴い,業務継続困難となった.同僚である症例1が鉛中毒と診断されていた事から,自分も同じ疾患かもしれないと考え,2014年4月9日に帰阪して当院を受診した.

職歴は,30歳(1994年)頃から,塗装工として橋梁など鉄製構造物の塗装作業に従事していた.2013年8月19日より,症例1と同じ現場で,橋梁の塗装塗り替え作業を行っていた.

その他の自覚症状は,下腿の筋肉痛があったが,腹部の疝痛,四肢の伸筋麻痺,知覚異常,蒼白,関節痛は何れも訴えなかった.来院時,理学的には特記すべき所見は認めなかった.徒手筋力検査で,大腿四頭筋両側4(Good),前脛骨筋両側4(Good)であった.他に,神経学的所見を認めなかった.血液検査では,RBC 575 万/μl,Hb 16.4 g/dl,Ht 47.6%,WBC 5,200/μl,PLT 15.8 万/μl,GOT 22 U/l,GPT 19 U/l,γ-GTP 19 U/l,ALP 232 U/l,T-Bil 0.5 mg/dl,BUN 17.2 mg/dl,Cre 0.87 mg/dlであった.血中鉛 54.8 μg/dl,,尿中δ-アミノレブリン酸は 4.3 mg/lであり,鉛中毒と診断,CaNa2EDTA内服療法を開始した.下痢や胸痛はすぐに改善したものの,易疲労感や下肢の症状は軽快こそしたが消失はしなかった.血中鉛が30.8 μg/dlにまで低下したため,2014年9月に通院治療を終了した.治療経過と血中鉛値をFig. 2に示した.

Fig. 2.

 Progress of blood lead level (case 2).

考 察

本症例は2名とも,大阪の塗装会社であるY社の下請け塗装工であった.症例1を鉛中毒と診断した時,同じ現場で作業していた残り13名の塗装工(症例2を含む)も鉛に曝露している可能性があると考えられた.そのため,同年12月にY社の責任者に外来に来てもらい,病状説明を行い,全員の鉛健診が必要と指摘した.Y社からは,2014年2月頃になって,関東地方の幾つかの医療機関で受診させたところ,10名の血中鉛が40 μg/dl以上(分布3)であったと報告を受けた.したがって,本症例が従事した作業現場では,多数の労働者が鉛に曝露していたと考えられた.

2名とも,以前より塗装工として,橋梁塗装の塗り替え作業などに従事していたが,2013年8月19日より発症当時の作業場所で働いていた.この高速道路は1971年に完成しており,橋梁塗装は何度も塗り替えられてきたが,これまでは塗膜表面を薄く削ってその上から新たに塗る工法が続けられていた.しかし,今回の塗装塗り替えにおけるケレン作業は,これまでと異なり,過去の塗膜をすべて削る工法が指示されていた.したがって,最も下層の鉛丹入りと推測される古い塗膜を削ることになった.本症例は2名とも,ケレン作業中に目視で鉛丹色の塗膜を確認したとのことであった.

作業現場は,周辺に粉塵が飛散しないようにビニールで2重に覆い,その外側をさらにボードで密閉していた(Fig. 3).排気装置は設置されておらず,ケレン作業は単にディスクグラインダーで塗膜を削る工法だったため,大量の鉛粉じんが発生したものと推測された.この作業現場で,作業者は面体形エアラインマスクを使用していたが,空気を送るホースの長さが100 m弱あり,エアコンプレッサーから作業場までは高さが10 m以上あるため,マスクをしたまま上を向くと顎部から粉じんを含んだ外気が流入するという,エアの気圧が不十分なものであった.また,作業は10数人で行うため,作業場を移動する時にエアラインのホースが労働者や足場に絡まないよう,腰の位置でホースを抜いて移動しなければならなかった.したがって,移動時にはマスクを外していた.さらに,作業場は真っ暗でディスクグラインダーの音が大きいので,作業者同士の意思疎通のためにはマスクを外して会話しなければならなかった.このような状況で,本症例は鉛に曝露したと考えられた.

Fig. 3.

 Outer appearance of work site. The work site has been sealed up because buildings are close.

塗装作業を下請けしたY社は,塗膜中の鉛の存在について,工事の発注者より知らされていなかった.そのため,Y社は鉛則に従った対応を行っていなかったことが,鉛中毒発生の直接的な要因と考えられた.また,粉じん対策としても不十分な保護具であったことが,曝露量を増加させた要因と言える.

Y社は,血中鉛が分布3であった労働者が多かったことを2014年4月に労働基準監督署(以下,労基署)に相談したため,労基署は作業現場や発注者を調査することになり,問題の重大性が認識されるに至った.労基署からは,作業をいったん中断するよう命令が下された.厚生労働省は,2014年5月30日付で通達3)を出し,塗装工事の発注者は塗料に含まれる有害物質について施工者に伝えるとともに,対策に必要な経費も支払うよう指示した.また,施工者には,湿式の工法でケレン作業を行うよう指示した.本症例から聞き取った話によると,作業再開後の2014年7月時点で,Y社が担当している区域については,湿式工法への変更は行われていなかった.湿式工法とはアルコールを用いたブラスト工法であり,ディスクグラインダーを用いた工法に比べて2倍程度の費用がかかるとのことであった.

現在は使われなくなった鉛含有塗料だが,これが今も残っているのは,高速道路に限ったことではない.鉄橋や公園の遊具にも使われていて,地域的にも日本全国で使用されてきた経緯がある.どこに鉛が残存しているのかが不明なままで,ケレン作業を密閉した空間で行えば,今後も鉛中毒が発生する危険性があると考えられる.塗り替え作業における,事前の塗膜調査の徹底が必要であろう.また,ケレン作業時には,湿式工法による鉛粉じん発生の防止が重要と考えられる.しかし,湿式工法で使用していたアルコールに引火して火災が発生し,作業員が負傷した事例4)が存在するため,安全な湿式工法の技術や,経費の問題の解決が今後の課題となるだろう.

Acknowledgment

謝辞:本報に関して,労働衛生コンサルタントの平田 衛先生に多大なご助言を頂いた.ここに感謝の意を表します.

References
  • 1)  斉藤俊二.鉄塔・橋梁等の塗装作業における鉛曝露の実態と健康管理に関する調査研究.産業医学ジャーナル 1982; 5: 28–32.
  • 2)  日野昌徳.塗装業者にみられた鉛中毒.労働の科学 1986; 41: 4–8.
  • 3)  厚生労働省労働基準局安全衛生部.鉛等有害物を含有する塗料の剥離やかき落とし作業における労働者の健康障害防止について.(平成26年5月30日,基安労発0530第1号,基安化発0530第1号)
  • 4)  MSN産経ニュース.作業員が塗装除去にシンナー使用首都高3号線火災の原因.[Online]. 2014[cited 2014 Sep 16]; Available from: URL: http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/140411/crm14041119120012-n1.htm
 
© 2015 公益社団法人 日本産業衛生学会
feedback
Top