産婦人科の進歩
Online ISSN : 1347-6742
Print ISSN : 0370-8446
症例報告
妊娠初期に発症したリステリア敗血症の1例
小林 弘尚最上 晴太高橋 希実馬場 長近藤 英治小西 郁生
著者情報
キーワード: リステリア, 敗血症, 妊娠
ジャーナル 認証あり

2015 年 67 巻 4 号 p. 405-409

詳細
抄録

リステリア感染症は主にグラム陽性桿菌のListeria monocytogenesにより引き起こされる.この比較的まれな感染症は,周産期では時に流産,早産,子宮内胎児死亡を生じ,予後不良の疾患である.症例は35歳の初産婦,妊娠5週ごろに生ハムとチーズを海外で摂取した既往がある.妊娠9週で39.5℃の発熱を認め受診した.血液培養ではListeria monocytogenesが検出され,直ちに抗生剤による治療を開始した.母体はしばらく弛張熱が続いたが徐々に症状は改善された.しかし稽留流産となった.子宮内容物の病理診断では,多数の好中球浸潤と絨毛の壊死が著明であった.グラム染色では菌体を検出できなかった.妊婦が高熱を発症したときはリステリア感染症を鑑別に入れ,血液培養がその診断に必須である.ペニシリン系の抗生剤を迅速に使用することで母体の予後を改善することができる.〔産婦の進歩67(4):405-409,2015(平成27年10月)〕

著者関連情報
© 2015 近畿産科婦人科学会
前の記事 次の記事
feedback
Top