日本化粧品技術者会誌
Online ISSN : 1884-4146
Print ISSN : 0387-5253
報文
上唇と下唇の色の違いに着目した新しいメイクアップ法
釘宮 理友田辺 友希日比 博久熊谷 重則
著者情報
ジャーナル フリー

2010 年 44 巻 1 号 p. 41-47

詳細
抄録

唇の色はヘモグロビンとメラニン量により影響されることが報告されており,唇は医学的に皮膚由来の構造と口腔粘膜由来の構造を併せ持つことが知られている。とくに,口腔粘膜由来の毛細血管は唇の表面近くに存在して唇を赤く見せている。そして毛細血管の状態は加齢とともに変化し,くすむことが報告されている。しかしながら,これまでに上唇と下唇の赤みの違いについて議論されたことがない。本研究では,上下唇の色について調べることで,年齢によらず下唇のほうが赤みは強いことがわかった。また,上唇と下唇の色の違いがどのような印象を与えるか,唇の色を変化させることにより調べた。その結果,上唇と下唇の色の差が印象に大きな影響を及ぼし,上唇と下唇の色をそろえると,自然で若く健康的な印象を与えられることがわかった。MgTubeを配合した口紅は,上下の唇の色を合わせることができ,また,薄付きの口紅においては干渉パール剤を併用することが効果的であることがわかった。これらの結果により,われわれは新しいメイクアップ法を開発することができた。

著者関連情報
© 2010 日本化粧品技術者会
前の記事 次の記事
feedback
Top