日本化粧品技術者会誌
Online ISSN : 1884-4146
Print ISSN : 0387-5253
報文
テンニンカ果実エキスおよびその成分ピセアタンノールの紫外線ダメージ抑制作用
岩橋 弘恭川嶋 善仁村上 敏之大戸 信明屋敷 圭子鳥家 圭悟木曽 昭典
著者情報
ジャーナル フリー

2012 年 46 巻 1 号 p. 17-24

詳細
抄録

紫外線の暴露は皮膚に対してさまざまなダメージを与え,シミ,シワおよびたるみといった光老化を引き起こす原因となる。本研究では,UVBダメージ抑制作用を有するテンニンカ果実エキスの有効成分の探索と,新たな作用メカニズムの解明を試みた。テンニンカ果実から単離した成分であるピセアタンノールは,表皮角化細胞において細胞死抑制作用を示した。そのメカニズムの一つとしてDNA損傷抑制作用が認められ,代表的なDNA損傷であるシクロブタン型ピリミジンダイマー減少作用およびヌクレオチド除去修復遺伝子の発現上昇抑制作用もしくは発現促進作用を示した。さらに抗酸化作用として,表皮角化細胞に対するグルタチオン合成促進作用を示し,抗炎症作用としてプロスタグランジンE2産生抑制作用を示すなど,テンニンカ果実エキスと同様の作用が認められたことから,ピセアタンノールが有効成分の一つと考えられた。また新たにテンニンカ果実エキスにインターロイキン-1β分泌抑制作用を見出した。したがって,テンニンカ果実エキスおよび成分であるピセアタンノールは紫外線によるダメージを抑制し,抗老化作用が期待できる素材であると考えられた。

著者関連情報
© 2012 日本化粧品技術者会
前の記事 次の記事
feedback
Top