日本化粧品技術者連合会会報
Online ISSN : 1884-412X
ISSN-L : 0289-1379
N-アシルN-アルキル-β-アラニン塩の化粧品への応用
石井 睦雄渋江 昭夫小松 信一郎
著者情報
ジャーナル フリー

1969 年 5 巻 p. 73-80

詳細
抄録

N-アルキル-β-アラニンをアシル化して得られたN-アシルN-アルキル-β-アラニン塩はN-アシル-β-アラニン, N-アシルザルコシネートその他のN-アシルアミノ酸塩にくらべて更に良好な諸性能を示すようになる。とくに界面活性では, 起泡性, 浸透性さらには耐硬水性にけん著な効果がみられる。これらの効果はpH6-7で最高の性能を示すため, 化粧品等への添加剤としても, もっとも適したpHで使用できることになる。
すぐれた界面活性に加えて, 本化合物は皮膚に対する温和な作用をもち, またシャンプへ添加した場合にとくに毛髪の風合いをよくし, コンディショニングを容易にする特長を有するなど, 化粧品添加剤として好適の性能を備えているものと考えられる。さらに本化合物は原料としてアクリロニトリルを使用するため, 将来さらに安いコストで得られる方向にあり, 将来有望な化粧品添加剤と言えるだろう。

著者関連情報
© 日本化粧品技術者会
前の記事 次の記事
feedback
Top