日本化粧品技術者会誌
Online ISSN : 1884-4146
Print ISSN : 0387-5253
紫外線防御の皮膚科学的意義
上出 良一
著者情報
ジャーナル フリー

1996 年 30 巻 3 号 p. 265-272

詳細
抄録

紫外線は皮膚の構造・機能に大きな影響を与える環境因子のひとつである。紫外線照射による急性皮膚傷害はサンバーン, サンタンとしてみられ, 慢性の紫外線曝露は老人性色素斑, 光線性弾性線維症, 腫瘍発生などの光老化として長期の潜伏期間の後に出現する。その起点は主にUVBによるDNA損傷と, UVAによる細胞内外の光感作物質の励起で生ずる活性酸素種の発生を介した細胞傷害である。その結果, 皮膚の炎症, 構造的異常, 遺伝子変異, 光発癌, 免疫反応の抑制, 光線過敏症などが生ずる。それらの症状ならびに機序について概説すると共に, それを軽減または予防するための対策について皮膚科学的見地から最近の知見をまとめてみた。

著者関連情報
© 日本化粧品技術者会
次の記事
feedback
Top