日本化粧品技術者会誌
Online ISSN : 1884-4146
Print ISSN : 0387-5253
年齢による毛穴の目立ちの実態調査
水越 興治及川 みどり伊藤 夕子小林 和法今村 仁松本 克夫
著者情報
ジャーナル フリー

2007 年 41 巻 4 号 p. 262-268

詳細
抄録

本研究では10代から50代の, 248名の日本人女性の顔面を対象とし, 目立つ毛穴の実態調査を行った。その結果, 20代から30代で目立つ毛穴には角栓が存在し, 角栓の組成を分析した結果, タンパク質成分が約7割を占めることが判明した。一方40代以降では角栓が存在せずに開大した状態の目立つ毛穴が存在することが明らかとなった。また毛穴の開口部面積は10代から20代と, 30代から40代で各々急増するという, 2段階の変化を示す一方, 皮脂量との関連性は年齢とともに低下した。これらの結果から, 若年層では毛穴は角栓が詰まることによって目立ち, 年齢とともに毛穴の中に角栓が存在しなくなっても目立つ構造に変わっていくことが推察された。この調査結果から目立つ毛穴に対するケア方法は画一的ではなく, その性状, 年齢に応じて異なるべきであることが示唆された。

著者関連情報
© 日本化粧品技術者会
前の記事 次の記事
feedback
Top