システム制御情報学会 研究発表講演会講演論文集
第52回システム制御情報学会研究発表講演会
セッションID: 5U3-1
会議情報

不等間隔デシメーションのサンプル値制御理論による補間
永原 正章*小蔵 正輝山本 裕
著者情報
会議録・要旨集 フリー

詳細
抄録

本論文では不等間隔に間引かれた離散時間信号の補間問題を考える.この問題は等価的に合成フィルタバンクの設計問題となり,元信号に完全帯域制限の仮定をおくことにより,複素係数を持つ合成フィルタが解として得られる.しかし,現実の信号はこの仮定を満たさないことも多く,また複素係数のフィルタは実現不可能である.そこで本論文では,サンプル値制御理論を用い,上記の仮定をおかず,誤差系のH∞ノルムのを最小化する実係数の合成フィルタを設計することを提案する.

著者関連情報
© 2008 システム制御情報学会
前の記事 次の記事
feedback
Top