生活経済学研究
Online ISSN : 2424-1288
Print ISSN : 1341-7347
ISSN-L : 1341-7347
論文
高校での金融意識・行動からみた保険教育
大薮 千穂奥田 真之
著者情報
ジャーナル オープンアクセス

2019 年 49 巻 p. 15-26

詳細
抄録

本論文では、高等学校における保険教育の授業実践を行い、生徒の情報活動、生徒の金融に対する関心事、金融意識・行動、金融リテラシーと授業効果との関係を明らかにした。また3ヶ月後の授業の定着度との関係を分析した。 この結果、3ヶ月後は授業の内容を覚えていない生徒が1割ほど現れるが、関心はある程度は保たれていた。また情報活動と金融意識・行動とは関係があり、情報活動が活発な生徒と金融の関心がある生徒の方がグループ間で情報活動が積極的で金融リテラシーもあることが明らかとなり、3ヶ月後も授業内容を覚えていることから、最も教育効果が現れた。以上より情報活動一般と金融意識・行動は連動しており、両者を高めることが金融経済教育を実践する上で重要であることが明らかとなった。

著者関連情報
© 2019 生活経済学会
前の記事 次の記事
feedback
Top