日本生気象学会雑誌
Online ISSN : 1347-7617
Print ISSN : 0389-1313
短報
日本各地における熱中症の発生頻度とその傾向に関する研究
横山 太郎福岡 義隆
著者情報
ジャーナル フリー

2006 年 43 巻 4 号 p. 145-151

詳細
抄録

本報では熱中症の発生は地方によってどのように違いが見られるのかを明らかにすることを目的とした.一般的には熱中症の発生は日中,特に昼間に集中しているが,人口流出入が一日の中の発生頻度に影響を及ぼしていると考えられる.また,全国各地の熱中症の発生頻度は34℃台で地方ごとの顕著な違いが見られ,同じ気温であれば北日本,東日本,西日本の順に高いことが分かった.同じような気候条件にも関わらず,西日本と東日本の発生頻度に差が見られた.60歳以上の高齢者は不快指数77から82にかけて急激に熱中症が増えることも分かった.

著者関連情報
© 2006 日本生気象学会
前の記事
feedback
Top