日本生気象学会雑誌
Online ISSN : 1347-7617
Print ISSN : 0389-1313
総説
日本における熱中症予防研究
芳田 哲也
著者情報
ジャーナル フリー

2015 年 52 巻 2 号 p. 97-104

詳細
抄録

地球の温暖化を背景として日本では熱中症事故が増加している.特に暑熱に関係する死亡事故は屋外でのスポーツ活動時や運動時または労働時にみられる.熱失神,熱疲労,熱けいれん,熱射病などの熱中症は高体温と脱水が原因であるので,夏季運動時や労働時にこのような生理的歪みを減少させることが熱中症の予防に重要である.日本の公的機関から発表されている熱中症予防に関するガイドラインは,高温環境における生理反応やヒトの活動,および熱中症発生に関する環境要因や疫学調査等,多くの研究成果に基づいて作成されている.本稿では,日本における熱中症予防に関する研究事例を紹介する.

著者関連情報
© 2015 日本生気象学会
前の記事 次の記事
feedback
Top