J-STAGE トップ  >  資料トップ  > 書誌事項

生産研究
Vol. 60 (2008) No. 3 P 261-265

記事言語:

http://doi.org/10.11188/seisankenkyu.60.261

研究速報

 森林域のモニタリングを行うためにキャノピーの高さに着目し, 過去から継続的に撮影されてきた空中写真から多時期のDigital Canopy Model(DCM)を作成し, モニタリングの可能性の検討を行った.空中写真から作成したDCMと航空機レーザ測量のデータ(LiDARデータ)とを比較し, 有意にキャノピーの高さを表現できることが確認できた.また, 時系列にDCMを観察し, 成長, 人為的変化, 撹乱がDCMに表れていることが確認できた.従って, 過去からの森林をモニタリングする情報として, DCMは有効なデータであることが示された.[本要旨はPDFには含まれない]

Copyright © 2008 東京大学生産技術研究所

記事ツール

この記事を共有